1α-34_春の陽射し

2002年1月22日決定稿。 和音に応じてミとソ、ファとソの2種類のバッテリーが伴奏として登場します。第18~22番でバッテリーの練習が身体に馴染んでいるかどうかをチェックする機会にもなります。生徒が、身についた自然な動きで2音のバッテリーを弾いているか、それとも注意力で弾いているのかを見極めて、第22、23番に戻って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1α-33_はじめての伴奏

2001年11月11日決定稿。 この曲で、初めて左手による伴奏が登場します。 ドとソの2音のバッテリーによる単純な動きなので勘の良い生徒はすぐに弾けてしまうかも知れません。 しかし身体に馴染むまで弾き込まないと、本当の意味で「弾ける」ことにはなりません。音を間違えないようにという注意力だけで弾いていると、この先、レッスンにつま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4β_アルボラーダ

アルボラーダ(alborada)は朝の歌という意味ですが、ほかにも同じように朝の歌と訳されるオーバード(aubade)があります。どちらも恋人たちの朝という意味があって、夕べのセレナーデと対をなすのが朝のアルボラーダと言えば分かりやすかもしれません。 ラヴェルの「道化師の朝の歌」はアルボラーダで、プーランクの「朝の歌」はオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2α-59_初めての音階 Des Dur 右手

先に練習した第54~57番のH dur同様、Des Durもショパンが指摘した第2、3、4指が黒鍵を弾く役割を果す音階です。 ウラノメトリアも、ショパンの考え方に共鳴してH DurやDes Durで黒鍵奏のテクニックの基礎を学んでから、第2・3・4指に白鍵・黒鍵が混在する音階へと進んでいきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2α-55_初めての音階 H Dur 右手

指おくりを使う音階練習はC Durから始めることが一般的かも知れません。 しかし、ショパンは遺された「ピアノ奏法」の草稿に、ハ長調は楽譜は読みやすいけれども、指おくりの時の指の支点となる黒鍵がないので弾きやすいとは言いがたい、というような意味の文章を書いています。 黒鍵の練習を始める時、黒鍵の支点としての役割を知らせるレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1α-25_おつかい

決定稿は2001年11月22日。 6度平行の練習曲。 ウラノメトリア第1巻 第25番 おつかい(プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 >> ウラノメトリア全曲・簡単アクセスへ移動  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-26_そりすべり

1998年2月1日作曲。製本版ではこの日を決定稿としていますが(実際、決定稿でした)、新板に収めるにあたって、最後の前打音の追加を行なったような気がします。 ウラノメトリアの中でも楽しい雰囲気に溢れた曲です。 ウラノメトリア第2巻β 第26番 そりすべり(演奏:野村茎一) ウラノメトリアの他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-31_夢見がちな天使

2011年9月27日決定稿。 2βの新板を出すにあたって追加曲として書いていた「アルボラーダ」という曲が2巻に載せるには難しくなりすぎてしまったので、新たに書いた曲。 ところが作曲が進むうちに、着想したころよりも、ずっと広がりのある曲になってきました。音楽はごまかしが効かないので、もうそのように書くしか術(すべ)はなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-23_きまじめな行進曲

2001年2月18日に決定稿。 印刷版のレッスンの手引きには「歯切れよくキビキビと演奏しましょう」と書きましたが、とぼけた演奏も面白いかも知れません。 ウラノメトリア第2巻β 第23番 きまじめな行進曲(演奏:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 >…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-15_焼きたてマフィンが待っている

2005年12月15日に決定稿。中間部を少し直した気がするので、初稿は何年か前になるかも知れません。 ワクワクしながら家に帰る時のことを想像してください。 ウラノメトリア第2巻β 第15番 焼きたてマフィンが待っている(演奏:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-10_銀杏並木に月がのぼる

2005年8月17日初稿。決定稿のその日付の近くでしょう。 印刷版のレッスンノートには「昇ったばかりの満月を見つけると得をしたような気分になる・・・」と書かれています。 ウラノメトリア第2巻β 第10番 銀杏(いちょう)並木に月がのぼる(演奏:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3β-5_家族の肖像

作曲は2001年。 ウラノメトリアの前身である「After Beyer」というプロジェクトのために書いた曲のひとつです。 ウラノメトリア第3巻β 第5番 家族の肖像(演奏:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 >> ウラノメトリア全曲・簡単アクセスへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-13_ミズナラの木陰で

初稿の日付が1997年8月29日。実際にミズナラの木陰でインスピレーションを得た曲です。 ウラノメトリア第2巻β 第13番(演奏:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 >> ウラノメトリア全曲・簡単アクセスへ移動  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1α-42_朝の散歩

決定稿は2001年3月1日。 アクセントをどこに置くか(たとえば4+4、あるいは3+3+2)で印象が変わる曲です。 楽譜には明示されていないので、演奏者の選択に任されます。 ウラノメトリア第1巻α 第42番 朝の散歩(プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2α-79_楽しい行進曲(連弾)

初稿は独奏曲で2000年11月10日の完成。連弾版は2009年7月5日に決定稿。 最初に独奏部があり、連弾になるとプリモ右手とセコンド左手が交差して、ソプラノはプリモ右手、アルトはセコンド右手、テノールはプリモ左手、バスはセコンド左手という配置になります。 ウラノメトリア第2巻α 第79番 楽しい行進曲(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-1_クロとミミ

2001年1月21日に決定稿。 クロもミミも猫の名前です。 ウラノメトリア第2巻β 第1番 クロとミミ(演奏:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 >> ウラノメトリア全曲・簡単アクセスへ移動  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-3_あしたは誕生日

初稿は2001年2月5日。 演奏技術のやさしさに対して演奏効果の大きい曲です。 ウラノメトリア第2巻β 第3番 あしたは誕生日(プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 >> ウラノメトリア全曲・簡単アクセスへ移動 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1α-43_お気に入りの服で

決定稿は2001年5月5日。 作曲者というものは、自分の曲は全部好きなものですが、この「お気に入りの服で」は特に気に入っているもののひとつです(皆さんは、こんな言葉に影響されずに、ご自分で判断してください)。 ウラノメトリア第1巻 第43番 お気に入りの服で(プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2β-29_牧場の小径

決定稿の日付が分からないのですが、初稿は2011年3月4日。 1ページに収まる連弾曲は、appendixを除けば1α以来のコンパクトさです。 ウラノメトリア第2巻 第29番 牧場の小径(プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more