テーマ:ウラノメトリア第3巻γ

3γ-9_行進曲風に

初稿は1970年。 中学校3年生の時に独奏曲として書いた楽譜を連弾曲に書き直しました。 当時は、この曲が気に入っていて、学校にいても「早く家に帰って楽譜を書かなくちゃ」と、完成するまでドキドキしていました。 ウラノメトリア第3巻γ 第9番 行進曲風に(プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3γ-7__ポンコツロボットのダンス

2007年の作曲。 9/4拍子、2+2+2+3/4拍子、1/2拍子などが登場する変拍子の(拍子が次々と変更される)曲。 2+2+2+3/4拍子は、バルトークのミクロコスモス第152番でも使われています。 ウラノメトリア第3巻γ 第7番 ポンコツロボットのダンス(プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3γ-2_ピクニック

決定稿は2001年3月1日。 ワクワクするような主題と山を登るような中間部のコントラストが際立つ曲です。 ウラノメトリア第3巻γ 第2番 ピクニック(プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 >> ウラノメトリア全曲・簡単アク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3γ-5_Windward

初稿は1999年。いろいろなところで演奏され、また試聴音源もアップロードしてきた曲ですが、決定稿(製本版に収録)を録音したのは初めてかも(他の誰かがやっているかも知れませんが)。 ウィンドワードは「風の吹いてくる方向に顔を向ける」というような意味です。丘の上で、そよ風を顔に受けながら遠くの景色を見ているところを想像して聴い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3γ-4_物語

初稿は1996年でしたが、ちょっとしたきっかけで2009年に改訂されて決定稿となりました。レッスンや発表会の人気曲です。 ウラノメトリア第3巻γ 第4番 物語 (プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。 >> ウラノメトリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3γ_3_処女航海(連弾)

初稿は、正確には分からないのですが1999年頃。決定稿は2007年11月。 主題を作曲のレッスンの課題として使ったこともありますから、世界には同じ主題の異なる曲が存在していることになります。 録音は、決定稿完成当日にいきなり演奏したものです(ウラノメトリア編集会議は、いつだってそう)。 ウラノメトリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3γ_6_一楽章のソナチネ

この曲を思いついたのは1995年か96年、最寄り駅の下り階段を一段飛ばしに軽快に駆け降りている時のことでした。その後改訂を経て決定稿は2007年。 第2楽章と第3楽章は既に完成していたのですが、この曲がそれらの楽章とは一体感がないように思えたので、一楽章だけのソナチネとして独立させました。ソナタ(ソナチネ)は本来組曲形式で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3γ_8_ブロードウェイ・ブギウギ(初稿)

 ウラノメトリアのγ(ガンマ)シリーズは連弾、または2台ピアノの曲を集めた曲集です。ひょっとすると4巻γ、5巻γあたりには2台ピアノ8手連弾(Piano duo for eight hands)が登場する可能性もあります。  第3巻γの第8番に収められた「ブロードウェイ・ブギウギ」は、ステージを意識した4手連弾のレパートリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3γ-1 オレンジの畑で

作曲は2001年。とても気に入っている連弾曲です。 5拍子+3拍子+3拍子の11拍で小楽節を構成する「変拍子」の曲ですが、数えない限り気づかないかも知れません。 ウラノメトリア第3巻γ 第1番 オレンジの畑で (プリモ:伊藤美香 セコンド:野村茎一) ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 3γ 目次とリンク

巻名の最後に「γ(ガンマ)」が付されているのは連弾曲集です。2台ピアノ(ピアノデュオ)が含まれる場合もあります。 1 オレンジの畑で(4ページ) 2 ピクニック(3ページ、D.S.あり) 3 処女航海(3ページ、反復記号あり) 4 物語(6ページ) 5 ウィンドワード(5ページ) 6 一楽章のソナチネ(9ページ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more