番外_Intermezzo 1971




中学校の卒業式を終えてから、高校入学前の間に書いた曲。間奏曲というタイトルがぴったりの状況。
土肥先生の影響を受ける前の曲を私は勝手に「Early Works」と呼んで、それ以降の曲と区別しています(4βの「昔語り」もEarly Works)。
その9割は「五線紙のインクのシミ」(土肥先生が語ったシェーンベルクの言葉?)に過ぎないけれど、何曲かが、将来を暗示しているように思えたりします。



Intermezzo 1971(演奏:野村茎一)






ウラノメトリア全曲・簡単アクセスは こちら

野村茎一全動画・簡単アクセスは こちら





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック