アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ウラノメトリア第4巻β」のブログ記事

みんなの「ウラノメトリア第4巻β」ブログ

タイトル 日 時
4β_憂鬱なソルツィーコ
 新作ですが、インスピレーションの元となったのは1990年代前半の自作の2つのピアノ曲(5α収録曲とは別の「昔のソルツィーコ」と「憂鬱な子守歌」)です。  本来ならば、今日(2013.01.20)全力で録音に取り組まなければならなかったのですが、遊びに行ってしまって(なんという志の低さ・・)練習不足のままの録音となりました。必ずや録音しなおしますからご容赦を(気長にお待ちいただければ、と)。  4βは既に曲が溢れかえっているので、収録は5巻のどこかになるかも知れません。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/20 23:07
4β_バルトーク風に
 20代後半の頃、バルトーク・マニアという一連のピアノ曲を作曲していました。しかし、当時の楽譜がどうしても見当たりません。  それでウロ覚えの曲を復元しようと作業を始めたところ、若いころと今のセンスが違いすぎて、ほとんど新曲といえるくらい異なる曲になってしまいました。  だから、これは昔のアイディアに基づく新曲ということにします。演奏に用いたのは2012.9.20-3版ですが、録音後に楽譜を修正して現在の最新版は第4版となっています(2012年9月20日20時30分現在)。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/20 20:34
4β_夏の終わりに
1984年8月末の作曲。 20代最後の夏に、ミニバイクで楽譜を買いに出かけた帰り道、突然の夕立に見舞われて雨宿りしているときにやってきた曲。 今回、終わりから4小節前に音符を加えて決定稿としました。 4β収録予定曲が多くなっているので、5βへの収録の可能性もあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/08 22:01
4β_コレルリ風に
厳密に書くと、この曲には4つの決定稿があります。 最初の決定稿は1983年。ピアノソロでした。 次の決定稿は、1997年に埼玉新演奏家連盟のステージのために書いた金管楽器2本とピアノのためのトリオで、ピアニストの赤間亜紀子さんらによって初演されました。 3番目の決定稿は2011年にフルートの前田有文子さんとファゴットの松崎義一郎さんのために書いたデュオで、お二人によって初演されました。 そして、4番目がおそらく最後の決定稿となるであろう今回の楽譜です。第1決定稿と同じピアノソ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/23 16:35
4β_蝿座
1995年の作曲。 天文学者ヨハン・バイエルの著した全天恒星図「ウラノメトリア」では「みつばち座」となっていた星座。学名はMusca。それで「天空の城ラピュタ」に “ムスカ” というキャラクターが登場した時、すぐに蝿という意味だと思いました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/15 23:09
4β_誕生パーティ
1968年に作曲家を志して以来、もっとも作曲数の少ない1980年の作品。 もっと長い曲にすることも可能ですが、もっとも短い形でまとめてあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/10 12:41
4β_ペップという鳥
1976年3月3日の作曲、2012年8月4日改訂。 タイトルはパウル・クレーの同名の絵画から(作曲前から決まっていました)。 1976年版の楽譜にかなり手を加えました。楽譜は調号のあるニ長調で書かれていますが、主和音が3音そろって登場することはありません。 4βは、すでに曲が溢れており、この曲も番外になってしまうかも・・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/04 18:43
4β_インテルメッツォ
2012年7月22日完成。 このインテルメッツォを第2楽章として、第3巻αの「初めてのピアノソナタ」(第1楽章)、第3巻βの「華やかなロンド」(第3楽章)と組み合わせると、3楽章のピアノソナタになります。 試聴音源は、PCで楽譜を書き終えた後に初めて音に出した記念すべき第1回目の演奏です。こういうことは滅多にないのではないのかと思い、そのまま載せました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/23 01:49
4β_草原の踊り
1997年6月3日の作曲。 この曲は少しだけ変則的ではあるものの、古典ソナタ形式で書かれています。 なぜかというと、ソナタ形式を使うと作曲が楽だからです。古典ソナタ形式は突き詰めれば非常に高度な作曲形式となり得ますが、とりあえずまとまった形にしたい時には便利な形式で、大楽節を書ける人ならば誰でも(小学生でも)使うことが可能です。 そういえば、バイエルの第104番は厳格な古典ソナタ形式に則って書かれており、必要な要素(部分動機による主題の統一や転調の決まりなど)を全てクリアしたソナタ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/12 21:44
4β_ふたりとも道に迷って
1992年2月の作曲。 ちょっと意味深なタイトルは、パウル・クレーの同名の絵画から。 少しだけ対位法的な書法が用いられています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/13 18:16
4β_アリア
1976年3月2日トリルの練習曲として作曲。 今までにオーボエ、フルート、ファゴットそれぞれの独奏とピアノのために、またフルート、ファゴット、ピアノのトリオのために編曲されて演奏されてきましたが、ピアノソロがオリジナルです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/12 21:23
4β_ヴォーン=ウィリアムズ賛歌
作曲は1995年。改稿は今日、つい20分ほど前。作曲や楽譜を書く時には、ほとんどピアノを使わないので、楽譜が出来上がってから初めてピアノに触れてピアニスティックであるかどうかチェックします。というわけでたどたどしい録音で申し訳ありません。近いうちに(空約束になりそうですが)再録音して差し替えますから、それまで我慢してください。 ヴォーン=ウィリアムズの交響曲第3番のメロディーの一部が登場します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/10 23:19
4β_異郷の踊り2
1985年2月2日に「異郷の踊り1」の楽譜を見つけて一気に作曲。今日(2012年6月6日)に小改訂して録音。 あなたには、どちらの曲が「異郷」に聴こえるでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/06 16:23
4β_エスタンプ
 初稿は1976年3月3日。今日、小改訂を行なって録音。決定稿もあまり変わらないことでしょう。 この曲は、20歳の時、作曲の師匠の作品のエスタンプ(複製画)として、彼の旋律をひとつも使わずに書いたものです。音楽の形式としての「エスタンピー」との関係はありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/05 22:39
4β_異郷の踊り1
初稿は1983年12月。改訂は今日、2012年6月1日。決定稿もこの版に近いことでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/01 21:16
4β_風のように
初稿は2000年2月18日。2006年に改訂。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/30 22:18
4β_しゃぼんだま
1976年3月2日作曲、録音は2012年5月12日改訂版によるものです。 最初の録音がストレスフルだったので早く差し替えたかったのですが、ようやく実現できました(2012年7月24日)。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/30 16:04
4β_アルボラーダ
アルボラーダ(alborada)は朝の歌という意味ですが、ほかにも同じように朝の歌と訳されるオーバード(aubade)があります。どちらも恋人たちの朝という意味があって、夕べのセレナーデと対をなすのが朝のアルボラーダと言えば分かりやすかもしれません。 ラヴェルの「道化師の朝の歌」はアルボラーダで、プーランクの「朝の歌」はオーバードです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/26 15:30
4β_プーランクふうに
楽譜に記され決定稿の日時は1972年12月23日。レッスンに習い始めて1年半が経ち、作曲が面白くて仕方がない17歳でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/12 22:39
4β_プレリュード '85
1985年の作曲。 バッハのプレリュードを20世紀ふうに書いたのですが、気がつけば20世紀は既に前世紀。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/12 19:07
4β_ほうずき市
1988年の作曲。 ほうずき市(いち)と読みます。第3巻βの「さくらちるころ」と同じ流れを汲む曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/29 17:36
4β_ いもむしの踊り
1988年の作曲。 平行5度の連続による、コミカルでもあり、ちょっと憂いも含んだ感じの曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/29 17:20
★ 4β収録予定曲一覧とリンク
ウラノメトリア第4巻β(コンサートレパートリー集)は、2012年中の刊行を目指して編集作業を進めています。 このページのリストにある曲全てが4βに収録されるとは限りません。特に「全短調アルペジオ」は4γ(4手、または2台ピアノ曲集)が制作されることになれば、そちらに収録されることになるでしょう。 リストには随時、音源を追加していきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/27 14:37
4β_兵士の物語 2
4αに収録予定の「兵士の物語」の憂鬱版です。ウラノメトリアに収録する予定はありませんが、1990年代前半には「憂鬱なきつね」や「誰もいない森で 憂鬱版」などを書いていました。いったいどんな事情があったのか、今となっては分かりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/27 14:15
4β_バザール
1980年代後半の作曲。 砂漠のオアシスで開かれている市場です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/27 14:02
4β_きつね
1976年3月4日の作曲。 16分の12拍子。右手は3拍子、左手は4拍子というポリリズムの曲。3拍子で捉えるか4拍子で捉えるかによってグラフィックの世界でいうところの「図と地の転換」が起こって、別の曲のように感じたりするトリックアートのような曲です。当然のことながら、頑固一徹の耳で聴けば、いつも同じ曲にしか聴こえません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/27 13:16
4β_Street Song(仮題)
1995年頃の作曲(正確な作曲年月日は楽譜収録までに調べます)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/27 12:54
4β_海からの風 II
1982年に作曲した即興曲に近い性格の小品です。楽譜の解釈の度合いが大きいので、演奏者によって全く異なる音楽になることもありうる曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/27 12:35
4β_ひとりの踊り
当初、冒頭部分だけ公開しましたが、現在は全曲が試聴できます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/09 12:26
4β_昔語り
まだ編集も始まっていない4βに収録予定の曲です。作曲は1971年。音源は試聴室からの借用です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/19 00:10
4β_トッカータ
正式には、どの巻に収録することになるか決まっていない曲です。5巻の「トッカータ2001」と区別しやすくするためにタイトルの変更もありえます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/02 22:51

トップへ | みんなの「ウラノメトリア第4巻β」ブログ

ウラノメトリア編集会議 ウラノメトリア第4巻βのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる