アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ウラノメトリア第2巻α」のブログ記事

みんなの「ウラノメトリア第2巻α」ブログ

タイトル 日 時
2α-61_初めての平行音階 Des Dur
初稿はH Dur版と同じ2006年6月30日。同じ曲を移調して調の違い(指使いやニュアンス)を確かめることができます。 私の感覚ではH Durは鋭くてクリア、Des Durは丸くてソフトです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/28 14:40
2α-57_初めての平行音階 H Dur
初稿は2006年6月31日、決定稿は2009年7月6日。 詳しく比較していませんが、浄書の差があるだけで2006年の時点で完成したと思われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/28 14:29
2α-60_初めての音階 Des Dur 左手
初めての音階シリーズの8曲(第54から61番)は、どれも2008年8月の作曲、2009年9月に決定稿。 H Durとは異なり、左手(第60番)は右手(第59番)の1オクターブ低いポジションを取ります。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/27 12:06
2α-56_初めての音階 H Dur 左手
2008年8月の作曲、決定稿は2009年7月5日。 鍵盤上では、第55番の右手によるH Durと同じポジションです。椅子を動かさずに両方の曲が弾ける位置に座るようにします。ピアノまでの距離が適性でないと手首に負担がかかりますから、着座位置には常に気をつけなければなりません(グレーの表紙の製本版、指導者用2α16ページ参照)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/27 11:55
2α-59_初めての音階 Des Dur 右手
先に練習した第54〜57番のH dur同様、Des Durもショパンが指摘した第2、3、4指が黒鍵を弾く役割を果す音階です。 ウラノメトリアも、ショパンの考え方に共鳴してH DurやDes Durで黒鍵奏のテクニックの基礎を学んでから、第2・3・4指に白鍵・黒鍵が混在する音階へと進んでいきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/26 15:01
2α-55_初めての音階 H Dur 右手
指おくりを使う音階練習はC Durから始めることが一般的かも知れません。 しかし、ショパンは遺された「ピアノ奏法」の草稿に、ハ長調は楽譜は読みやすいけれども、指おくりの時の指の支点となる黒鍵がないので弾きやすいとは言いがたい、というような意味の文章を書いています。 黒鍵の練習を始める時、黒鍵の支点としての役割を知らせるレッスンが行なわれなければ、ピアノテクニックとしての黒鍵奏は伝わらない可能性が高いでしょう。 試聴音源はありませんが、ウラノメトリア第54番は、鍵盤の図を加えるこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/26 14:45
2α-79_楽しい行進曲(連弾)
初稿は独奏曲で2000年11月10日の完成。連弾版は2009年7月5日に決定稿。 最初に独奏部があり、連弾になるとプリモ右手とセコンド左手が交差して、ソプラノはプリモ右手、アルトはセコンド右手、テノールはプリモ左手、バスはセコンド左手という配置になります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/23 20:05
2α-80_ツェルニーと一緒
ツェルニーの「125のパッセージ練習 作品126」の第1曲を短調に変えて原曲としたパラフレーズ。第2巻αの終曲にふさわしいダイナミックな曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/17 21:37
2α-66_ハナミズキの道で(連弾)
 レッスンでおちびたちと一緒に弾いた後「いいきょくうううう〜」なんて言われると、舞い上がってしまいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/19 00:51
2α-78_バイエルのように
この曲は、アーティキュレーションもデュナーミクもアゴーギクも記入されていない、まるで白地図のような楽譜を自ら校訂して弾く練習曲です。ですから、この曲にはさまざまな解釈が生まれる可能性があり、この音源は模範演奏というわけではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 03:03
2α-77_ちょっと いいことありそう
ウラノメトリア3βに収録されている「いいことありそう」をやさしく弾けるように編曲したものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 02:58
2α-76_赤いスカートの踊り / ヘミオラ
“ヘミオラ”というリズム形の練習曲です。 タイトルは、スイスの画家パウル・クレーの同名の絵画から。 試聴音源は2012年6月7日に差し替えました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 02:55
2α-75_土曜日の公園で / 手首のスタッカート
手首を使うスタッカートの練習曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 02:51
2α-74_おじいさんの話 / ペンタトニック(5音音階と複調)
ペンタトニック、複調(厳密には“複旋法”)と、拍子がしばしば変更される“変拍子”の練習曲です。変拍子と混合拍子という用語を、ウラノメトリアでは区別して使います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 02:48
2α-73_フランス人形の演説 / D Durの練習曲
タイトルのフランス人形は、演説しそうもないからという理由で選ばれました。 試聴音源は2012年6月6日に差し替え。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 02:43
2α-72_花束  ニ長調 / D Dur
 D Durとロールンクの練習曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 02:38
2α-71_楠木の坂道 / F Durの練習曲
3連8分音符と通常の8分音符が混在するF Durの練習曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 02:34
2α-70_小さなタブロー / ヘ長調
F Durの調号とスケールの練習曲です。 タイトルの「タブロー」とは壁などに掛けて鑑賞できる絵のことです。壁画などはタブローではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 02:30
2α-69_白壁の家 / 臨時記号のあるスケール練習曲
連続する重音で伴奏される、少し複雑なスケールの練習曲。この段階では、かなり高度な課題となります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 02:25
2α-68_ひつじ雲を見上げて
G Durの追加練習曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 02:20
2α-67_遠くの風景
臨時記号が数多く使われている練習曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 02:17
2α-65_静けさ / 3連符
G Durと3連符の練習曲です。 この曲の原曲は、2007年に完成した「フルートとピアノのためのソナタ」第2楽章の主要主題です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 02:13
2α-64_まどろむ子犬
ウラノメトリアでは初めての調号表記による練習曲です。Fisが届きやすい白鍵上のポジションを取りましょう。 2012年6月6日に試聴音源を差し替えました。作曲者である私は、この曲がとても気に入っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 02:08
2α-63_いちご摘み / 連続する和音 ( スタッカートとレガートで)
連続する和音の練習曲です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 02:02
2α-62_わくわくする気分 / C Durのスケールを含む練習曲
バイエルの名曲「バイエル第65番」へのオマージュです。でも、バイエルの凄さには全然かないません。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 01:57
2α-53_春の夜 / 臨時記号(フラットを加えて)
臨時記号第2回、フラットのある練習曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 01:50
2α-52_私のお気に入り / 臨時記号(シャープとナチュラル)
ウラノメトリアで初めて臨時記号が登場する練習曲です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 01:43
2α-50_たんぽぽの野原で
8分の6拍子(複合拍子)の練習曲です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 01:30
2α-48_夏のおもいで
初めて「指おくり」と「指返し」を練習する曲です。三重音の登場も初めてです。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/13 22:44
2α-47_海も暮れきる
第2巻αの最初の練習曲で、ウラノメトリアで最初の重音練習曲です。 タイトルは俳人、尾崎放哉の句から。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/13 22:36
2α 「リズム感・拍子感・テンポ感」より「きれいな小川」(ウラノメトリ
 メソードとは「教材の選択と配列」と言い換えることができます。そのメソードでどのように教えるかがレッスンです。ウラノメトリアはペリオーデ分析が可能な、つまり誰もが予測可能な自然な音楽表現ができる曲だけで構成されています。  ペリオーデについて深く考えた最初の作曲家がショパンでしょう。しかし、そのショパンの音楽がペリオーデではなく、テンポ・ルバートで演奏されてしまうことがあるのは残念なことです。  ブルクミュラーの「25の練習曲」も全曲がペリオーデに基づいて書かれています。その中から「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/27 23:48
2α-51_音並びから音楽へ
 ウラノメトリアはバイエルとショパン・エチュードをつなぐ、いわば“ミッシング・リンク”を目指すメソードでもあります。  バイエルは西洋音楽の正統な流れを汲む奇跡のような入門メソードですが、正統として捉えることが難しいのか批判ばかりが目立ちます。本当にそうなのでしょうか。1曲残らずペリオーデ分析が可能な点で、バイエルはショパンエチュードと同じDNAを持っていると断じることができます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/27 13:12
2α-50_たんぽぽの野原で / 8分の6拍子(複合拍子)
できあがった楽譜を見ると何でもないことなのですが、曲のアイディアを思いついた時には拍子の選択に迷うことがあります。この曲も3連符を使えば4分の2拍子で記述することができます。では、なぜ複合拍子を選択したのか。その理由がそれぞれの拍子の差ということになるでしょう。 複合拍子では、チェコの民族舞曲のフリアントのような2+2+2+3+3というアクセントも、ヘミオラも簡単かつ分かりやすく表現できます。それは3連符でも表現可能ではありますが、表記が煩雑になります。表記の問題だけではありません。 ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/26 23:34
2α-49_お砂糖は少しだけ
 昨日(2010年3月25日)「冒険の始まり」のページで第2巻に触れてしまったので、2αから2曲続けてアップします。  最初は第49番「お砂糖は少しだけ」。この段階ではウラノメトリアは白鍵だけの練習曲が続いています。  20世紀初頭に無調音楽が登場した時、シェーンベルクは言っていないのに「すでに調性音楽は、やり尽くされた」と早とちりした人たちがいました。無調音楽を推進した先駆的な作曲家たちは新しい音楽の可能性を追究しようとしただけなのに、あっという間に調性音楽は「やり尽くされた」こと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/26 23:08
★ 2α(指導者用)目次とリンク
指導者用となっていますが、身近にペリオーデや打鍵のレッスンを受けられる教室がない時には、学習者の皆さんにとって詳細な解説が役に立つことでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/23 12:12

トップへ | みんなの「ウラノメトリア第2巻α」ブログ

ウラノメトリア編集会議 ウラノメトリア第2巻αのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる