アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ウラノメトリア第5巻α」のブログ記事

みんなの「ウラノメトリア第5巻α」ブログ

タイトル 日 時
5α_Impromptu
2013年12月の作曲。タイトルは「アンプロンプテュ」と読み、即興曲という意味ですが、まだ仮題です。 今年はディアトニックの曲をいくつか作曲中で、この曲も全て白鍵だけで弾きます。 11拍子(3+3+3+2/8)。 数時間前に書き上げたばかりで滅茶苦茶練習不足ですが、練習してもあまり変わらないかも知れないと思ってアップロード。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/22 23:50
5α_Gigue
まだ決定稿ではありませんが、2013年12月9日に視聴用音源である第4版が完成。 Gigueは「ジグ」あるいは「ジーグ」と読み、バロック時代に古典組曲形式の終曲として書かれることの多かったテンポの速い舞曲です。 作業中の楽譜が渋滞を起こしているため、この曲の決定稿は後回しになりそうなので、ひとまずアップロードします。決定稿がまるで異なる形になったりしたらごめんなさい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/09 21:54
5α_おさるが拾って食べたとさ
1976年の作曲。 タイトルは5〜8小節目(第2小楽節)のメロディーが、そのように聞こえるため。 タイトルのせいでコミカルに感じてしまいますが、意図してそのようになったのではありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/05 15:29
5α_モシュコフスキ風ラジリテ第3番
2012年9月24日にミューズの女神が降臨して翌25日に完成。 こんなに速く書けたのが、実は「大吉てんこ盛り」というおみくじ効果であることは公然の秘密です。 ル・クーペもモシュコフスキも大好きな作曲家なので、もしモシュコフスキがラジリテ第3番を書いたら、という気持ちで作曲しました。正確には「“もし、モシュコフスキがラジリテ第3番を書いたら”を野村茎一が書いたら」となります。 だから、ル・クーペやモシュコフスキのファンの方が気分を害されたとしても責任は彼らにはなく、すべて私、野村茎一... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/25 18:10
5α_スケルツォ
初稿がそのまま決定稿となった曲。1976年3月26日。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/18 23:28
5α_夢のあとで
1976年作曲。 最初のタイトルは「夢のなかで聴いた歌」だったのだけれど、長すぎるのでフォーレと同じ「夢のあとで」に。100年後にフォーレより有名になっていれば勝ち(いくらなんでも、それは無理っぽい)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/10 16:27
5α_都市の輝き_アルペジオ記号2
久しぶりの新曲。 作曲は2012年6月17日、3日前です。 これから、まだ改訂を重ねて決定稿になっていく曲です。 「クライアントの想像を超えるところで仕事をしなさい」と、作曲の師である土肥先生は言い切りました。その意味が分かってくると、どんどん難しくなってきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/20 17:26
5α_バガテル
1984年の作曲。演奏、ちょっとダメです。そのうち気合が入ったら録り直します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/27 20:50
5α_バーレスク
1998年の作曲。ドイツ語ではブルレスケ。「ふざけた音楽」というような意味のちょっと不謹慎な曲です。 作曲当時は、人前でピアノを弾く機会があると、この曲をレパートリーのひとつにしていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/14 00:01
5α_小さなカノン
正確には覚えていないのですが1987頃の作曲。 無調と部分調によるコンパクトな厳格カノンです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/13 23:50
5α 昔のソルツィーコ
 ソルツィーコ(Zortzico)というのは、スペインのバスク地方に伝わる5拍子の舞曲です。「昔の」とありますが、この曲が古いスタイルであるというわけではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 23:37
5α_ハーモニック・スケール
1982年11月14日に作曲。突然インスピレーションがやってきてGミクソリディア旋法のスケールに和声付けした曲です。初稿以来一切、なにも手を加えていません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/13 16:26
5α_トッカータ2001
2001年に作曲した「アルトサクソフォーンとテナーサクソフォーン、ピアノのための三重奏曲」のピアノパートそのままです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/12 18:39
5α_異郷の踊り第3番
初稿は1985年。第1番(1983)と第2番(1984か?)は、4α、または4βに収録予定。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/12 18:25
5α_移り気な秋の舞曲
初稿は2007年。短い曲ですが調号が9回も変更されます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/12 18:17
★ウラノメトリア第5巻 収録予定曲一覧
ウラノメトリア5αに収録されるかどうかは分かりませんが、5αというフォルダに格納されている曲目の一覧です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/12 18:10
5α_見よ、勇者は帰りぬ
2009年に書いた「ハノン」のようなアルペジオ練習曲にinterludeを挟み込んで、更に2台ピアノ用に編曲したものです。これなら聴いても楽しめるかも知れないと思ったのですがいかがでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/12 17:55
5α_主題と変奏 / 変奏曲形式
「ぶんぶん蜂が飛ぶ」を主題とした5つの変奏を持つ(真面目な)作品。 作曲開始は1975年、大学2年生の時。途中まで作って中断時期が長かったので、完成までに10年くらいを要しています。5つの変奏曲は切れ目なく演奏されますが、急・緩・急・緩・急と並んでいるので各曲の区別はつきやすいことでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/11 00:25

トップへ | みんなの「ウラノメトリア第5巻α」ブログ

ウラノメトリア編集会議 ウラノメトリア第5巻αのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる