アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ウラノメトリア第4巻α」のブログ記事

みんなの「ウラノメトリア第4巻α」ブログ

タイトル 日 時
4α_初めてのトリル
作曲は2008年。 製本版ウラノメトリアでは、ページの最初に「スロートリルで予備練習」があり、その下に「気まぐれな風ぐるま」の楽譜が続きます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/23 21:13
4α_全長調スケール
 今回はピアノ弾き専用、それもマニア向けです。  ディアトニックスケールは7音で構成されているので、上行・下降のペリオーデを等しい長さにしようとすると7拍子にせざるを得ません(分からない方、ごめんなさい。詳細は省略します)。  ハノンでは4分の2拍子で表記しているために、スケールの上行と下降をペリオーデで表現することができませんでした。ウラノメトリアでは4分の7拍子で記譜することによってスケールも「ドレドレ」と同じように音楽的な表現が可能です。  ペリオーデ表現なしの演奏と比較でき... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/17 15:35
4α_グリッサンド(タイトル未定)
初稿は2001年2月18日、その後一部を書きなおして決定稿は2008年8月12日。 タイトルは決まっていません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/01 23:36
4α_アルペジオ記号
2001年5月の作曲。タイトル未定。 録音は2012年6月19日夜10時。強い台風台風第4号(グチョル)が午後5時に紀伊半島に上陸し、東海地方にまで進んだところ。防音室の窓を大粒の雨が叩き、防音室ではないような状態。湿度を50パーセントまで下げたところでエアコンと除湿機を止め、1テイク録音しては中断して除湿機を稼働。また50パーセントまで下がったところでAC & 除湿機を止めて録音。 台風の騒音をかき消すためにいつもよりフォルテで演奏してみたりして、面倒でくたびれたので3テイクで録音... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/19 22:25
4α_舟あそび
1976年3月3日の作曲。 複調の楽曲例。中間部はJ.S.Bachのコラール集にあった曲のBass旋律を用いています。 ページ数の関係で4βに移る可能性も。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/18 16:02
4α_つばめ
2005年4月11日の作曲。 4αに収録される予定のスケールの練習曲のひとつ。聴いているよりも弾いたほうが面白いこと請け合いです。 なんだか焦っているように聴こえる演奏なので、機会があったら録音し直します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/17 20:38
4α_飛び石を伝って
初稿は2008年2月28日。 広い音域を縦横無尽に飛び回る練習曲です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/16 18:28
4α_パルナッソス山への道
作曲は2008年8月8日。 タイトルは「グラドゥス・アド・パルナッスム」の日本語訳。パルナッソス山は神々が住むという山。厳密には「道」ではなくて「はしご」のほうが近いのですが、敢えて道としました。 ムツィオ・クレメンティ(1752-1832)の有名なピアノ練習曲集とヨハン・ヨーゼフ・フックス(1660-1741)の対位法の教科書が、ともにその名で知られています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/15 16:18
4α_高速スケールのための予備練習
作曲年不詳。おそらく2001年頃。 ウラノメトリア第4巻αは、テクニカル・エチュードが数多く収載されます。 この曲は指おくり(音階で右手の第3指がE5を弾いたあとに第1指がF5を弾く動作)と指返し(指おくりの後で、第2指がG5に進むときの動作)を同時に行なうための準備練習です。指おくりと同時に指返しが終われば、スケールの続きを高速でつなげることが可能になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/14 22:08
4α_3拍4連の準備練習(タイトル未定)
2001年5月28日初稿。 幻想即興曲などに登場する3拍4連の準備練習。主題と2つの変奏という形式をとっていて、主題は2拍3連。第1変奏は、それを分割した4拍6連で書かれ、それが第2変奏で3拍4連に移行します。 印刷楽譜には3拍4連を体感として理解するための短いappendixがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/14 21:52
4α_なんてことないさ
2001年の作曲。 高速スケールの練習曲。4αはスケールやアルペジオの練習曲が多くを占めるテクニカルな巻ですが、可能なかぎり、練習したくなるような曲ばかりにしたいと思っています。 (はい、今度から録音する前に少しは練習します) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/30 21:05
4α_エレガントなスケール
2001年4月14日に一応の完成をみたものの2007年に改訂、さらに今日(2012-05-21)録音を終えてから少しだけ修正しました。録音には2007年版を使っています。 「エレガントな・・」というタイトルも、製本版収録時には変わっていることでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/21 15:43
4α 誰もいない森で
1976年の作曲。 4αとなっていますが、どの巻に収まるかは決まっていません。 2012年6月12日に試聴音源を差し替えました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/04 23:00
★ 4α収録予定曲一覧とリンク
・振り子のように(連弾) ・なにかうれしいことが ・兵士の物語 1 ・メランコリア ・誰もいない森で ・エレガントなスケール ・なんてことないさ ・3拍4連の準備練習 ・高速スケールのための予備練習 ・パルナッソス山への道 ・飛び石を伝って ・つばめ ・舟あそび ・アルペジオ記号 ・全長調スケール ・初めてのトリル ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/29 20:55
4α_メランコリア
2008年の作曲。 タイトルのメランコリアは、ドイツの画家アルブレヒト・デューラーの「Melancholia 1514」から。コーダ右手の運指を1514の連続にしようと企んでいたのですが、1415になってしまいました。 曲は、リストが「無調のバガテル」で使った8音からなる音階(後にメシアンの移調の限られた旋法第2として知られるようになったもの)と半音階を使って書きましたが、まぎれもなくハ長調です。終止和音はハ長調 I 度13の和音の、省略音のない第5転回形で下からド・レ・ファ・ソ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/29 20:46
4α_兵士の物語 1
1976年の作曲。 第4巻βに収録予定の「兵士の物語 2 」とは20年を隔てた全く別の曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/29 17:10
4α_なにかうれしいことが
1999年の作曲。 ポリリズムを多用したワクワクする速いワルツです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/29 16:59
4α_振り子のように / 初稿(連弾)
 編集中の4α収録予定の連弾曲です。録音は作曲直後の2007年11月30日。初稿ですので、刊行される楽譜とは異なることがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/18 23:34
4α(4γ)全短調アルペジオ2台ピアノ版
 2台ピアノでレッスンを受けられる環境がごく限られたものであることは承知していますが、音楽的誘惑に負けて書いてしまいました。  a mollから半音ずつ上昇していく全短調アルペジオにそれぞれ異なる13種類(最初と最後のa mollがダブります)の伴奏付けをしてみました。ひとつひとつの調性に対するイメージをそのまま表現したつもりです。  ピアノデュオのステージでコンサート・レパートリーとして使っていただけたら望外の喜びです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/30 16:09

トップへ | みんなの「ウラノメトリア第4巻α」ブログ

ウラノメトリア編集会議 ウラノメトリア第4巻αのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる