ウラノメトリア編集会議

アクセスカウンタ

zoom RSS 2α-50_たんぽぽの野原で / 8分の6拍子(複合拍子)

<<   作成日時 : 2010/03/26 23:34   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



できあがった楽譜を見ると何でもないことなのですが、曲のアイディアを思いついた時には拍子の選択に迷うことがあります。この曲も3連符を使えば4分の2拍子で記述することができます。では、なぜ複合拍子を選択したのか。その理由がそれぞれの拍子の差ということになるでしょう。
複合拍子では、チェコの民族舞曲のフリアントのような2+2+2+3+3というアクセントも、ヘミオラも簡単かつ分かりやすく表現できます。それは3連符でも表現可能ではありますが、表記が煩雑になります。表記の問題だけではありません。
複合拍子は混合拍子との相性がよく、難なく変拍子(しばしば拍子が変更される)を作ることができます。しかし、3連符の1音の音価で5音分の独立した音価を表現することは困難です。
逆に、3連符にも1拍の長さが掴みやすいという長所があります。
詳しくはウラノメトリア本編の解説で。

では「たんぽぽの野原で」をどうぞ。



ウラノメトリア第2巻α 第50番 たんぽぽの野原で(演奏:野村茎一)




 
ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。

>> ウラノメトリア全曲・簡単アクセスへ移動









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2α-50_たんぽぽの野原で / 8分の6拍子(複合拍子) ウラノメトリア編集会議/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる