ウラノメトリア編集会議

アクセスカウンタ

zoom RSS 2α-49_お砂糖は少しだけ

<<   作成日時 : 2010/03/26 23:08   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0



 昨日(2010年3月25日)「冒険の始まり」のページで第2巻に触れてしまったので、2αから2曲続けてアップします。
 最初は第49番「お砂糖は少しだけ」。この段階ではウラノメトリアは白鍵だけの練習曲が続いています。
 20世紀初頭に無調音楽が登場した時、シェーンベルクは言っていないのに「すでに調性音楽は、やり尽くされた」と早とちりした人たちがいました。無調音楽を推進した先駆的な作曲家たちは新しい音楽の可能性を追究しようとしただけなのに、あっという間に調性音楽は「やり尽くされた」ことになってしまいました。
 実際には、そんなことはあり得ません。なぜなら音楽美は無限だからです。
 私が若かった頃「これ12音なんだぜ」と自慢げに自作の楽譜を見せてくれた人がいました。そんな時代もあったのです。12音技法である、というだけならば音列はクジを引いても作れますから、音楽の素養が全くない人にでも作曲できます。しかし作曲者の「音として鳴り響く美的内面」を表現しようとすると、調性音楽であれ、12音、あるいはそれ以外の無調音楽であっても、核心は音楽美であって技法ではありません。今の私なら「これ、ハ長調なんですよ」と言ってウラノメトリアを差し出してしまうかも。とは言うものの、ウラノメトリアにも12音技法で書かれた練習曲が登場します。
 ウラノメトリア第1巻は1音だけ、2音だけ、以下6音までが使われて作曲されていました。第2巻から、ようやく7音揃った曲が登場です。
 白鍵だけのシンプルな練習曲をどうぞ。




ウラノメトリア第2巻α 第49番 お砂糖は少しだけ(演奏:野村茎一)





ウラノメトリアの他の曲を聴く時は下↓をクリックしてください。

>> ウラノメトリア全曲・簡単アクセスへ移動


 
 




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2α-49_お砂糖は少しだけ ウラノメトリア編集会議/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる